蛇口で起こる排水管の水漏れ

蛇口は毎日使う場所なので水漏れが起こることもあります。水をよく使うので、劣化しやすく様々なトラブルが起きます。例えばパッキンなどの劣化や破損、排水管の劣化が原因となるトラブルが考えられます。一度漏れると修理しないと水は漏れ続けるので、まずは元栓を閉めて水が漏れないようにするなど、対処法を知っておくと落ち着いて対処できます。

■蛇口の水漏れの原因

水漏れの症状というと、蛇口を閉めているのに水が出てくる、排水管のつなぎ目から漏れるといった症状があります。蛇口を閉めているに水が漏れる場合はハンドルやパッキンが劣化している可能性が高いです。繋ぎ目で漏れている場合は、排水管が緩んでいる、パッキンが緩んでいることが考えられます。蛇口や排水管に問題がなければ、パッキンなどのパーツが原因です。パッキンはゴムで出来ているので、時間と共に劣化し弾性がなくなり、十分に水を止められなくなるために水漏れします。

■蛇口の修理

排水管 水漏れが起きた場合、修理する前にまず元栓を閉めて水が流れないようにする必要があります。内部にあるパッキンが劣化して水が漏れるのであれば、最初にハンドルやナットを取り外し、パッキンを交換します。同じくコマが劣化していれば、こちらも取り替えることになるでしょう。蛇口が破損するまたは劣化して水が漏れていれば、カバーバットを外して新しい蛇口に取り替えます。
修理した後はナットを締めて終わりとなりますが、ナットの締め付けすぎは逆に水漏れを起こす場合もあるので適度な力で締めることがポイントです。

■まとめ
蛇口の水漏れは、一度起これば盛大に水が漏れることも多いです。ホームセンターに部品が売っているので、修理は比較的簡単ですが、素人が直すと余計に症状を酷くする可能性もあります。そのため、確実に修理するのであれば業者に依頼した方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ