トイレで起こる排水管の水漏れ

トイレは毎日使う場所なので、一度水漏れが起きると不便です。詰まっている程度であればなんとか自力でも直せそうですが、水漏れしている場合、自力での修理は難しい場合が多いです。場合よっては修理するまでトイレが使えないこともあり、大変不便な思いをすることになります。

■トイレの水漏れ箇所と原因

トイレでは多くの箇所から水が漏れます。トイレは排水管など、全体に水が回っているので、漏れる箇所も多いです。そして水漏れが起きる原因として一番多いのは、部品の老朽化です。排水管や便座が老朽化でひび割れる、タンクがひび割れるなどして水が漏れていきます。さらにはウォシュレットを繋ぐホースから漏れることも考えられます。このようなトイレの水漏れは自分で修理する事は難しいので、多くは業者に依頼することになります。

■トイレの水漏れ修理

水が漏れる場合は、まずはどこから漏れているのかを特定する必要があります。勢いよく漏れていれば特定は簡単ですが、じわりと漏れるような症状では特定が難しいです。部品交換だけで済むような症状であれば、破損したり劣化している部品を交換します。この場合は修理費用はそれほど高くならないでしょう。しかし便器やタンクの破損となれば、丸ごと交換です。陶磁器で出来ているので一部だけ交換は出来ません。大がかりな工事になり修理費用も高くなるでしょう。ウォシュレットも破損すれば同じく交換です。

■まとめ
トイレは水が漏れると使えず不便なので、水漏れを見つけたら早めに対処した方が良いです。自分での修理が難しい場合は早めに業者に連絡してください。症状や場所によっては、便器などトイレの交換となり大がかりな工事を要します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ