深刻な状態につながるトイレの排水管の水漏れ

■深刻なトイレでの水漏れ

排水管から水漏れしてきていると、知らず知らずのうちに周囲を濡らしてしまう場合があります。発見しにくい場所に配置されている配管が多く、水漏れしてもすぐにはわからないときもあるからです。特に怖いのは、トイレの排水管で、衛生的に大きな問題が出てきます。
排水管の位置は、建物によって違いがありますが、戸建てでは便器に対して直下に取り付けられるパターンが大半です。集合住宅では、縦方向に集合配管を取り付ける例が多いため、壁方向への横配管が多くなります。
どちらの方法を取るとしても、漏れてきてしまえば、汚水が流れ出す結果になるでしょう。異臭が漂ってきますし、衛生的にも大きな問題です。使うたびに漏れだしたりすれば、大きな問題になるため、早期に修理しなければいけません。

■排水管の修理は簡単ではない

トイレの排水管で水漏れが起きると、修理は簡単ではありません。間にパッキンを使って漏れ防止したりしていますが、なんらかの力がかかりずれてしまえば、漏れだしてしまうケースもあります。
新しいものに交換するとしても、配管を一旦外さなければいけません。重量があるだけではなく、作業としても簡単ではないため、専門業者に修理してもらうほうが良いでしょう。特に直下に排水管があると便器を外さなければパッキンの交換もできません。この作業はかなりの重量がかかります。タンクを外したりする必要もありますし、ほかの配管も気を付けて扱うため、専門的な知識も必要だからです。便器を取り外すだけでも、工具が必要です。締め付ける力の問題も出てくるため、早期に修理するという面でも業者に依頼することが大切です。

■結露で水漏れしているように見える
排水管からの水漏れは、大きな問題ですが、実は結露していただけという状況もあります。水が溜まっている跡があったとしても、流れている場所が見つからないような場合には、タンクや配管部分が温度差によって結露しているケースがあります。
結露は温度差で発生しますが、トイレの中を暖かくしている家では、あまり発生しません。暖房などの設備はなく、ほかの部屋と温度差がある状況の中で、タンクの中にある水が部屋の中の湿度を高め、周りで結露してしまいます。
外が雨の日など、特定の日だけ起きるといったケースもあるため、環境の変化も含めて確認する必要があります。修理を依頼するときには、本当に排水管からの問題なのか確認してからにするといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ