お風呂の排水管の水漏れが考えられる原因は

■浴槽に水をためてみる

お風呂場での水漏れトラブルは、よく起こるトラブルの一つです。水漏れが起きた際は、まずは原因箇所の特定を優先します。
排水管のトラブルの場合、浴槽を疑ってみます。確認方法は、浴槽にある程度水をためて栓をし、しばらく放置します。もし栓をしっかりしているのに水量が減少しているなら、ゴム栓もしくは止水栓で何らかのトラブルが起きています。
他にはある程度のところまで水がたまり、栓をしている分には目減りもしていない、でもあるところからそれ以上ためられないというケースがあります。この時は、水がたまらないラインのあたりを注視しましょう。浴槽のどこかでひび割れを起こしていて、そこから水漏れが起きているかもしれないからです。
いずれの症状にも当てはまらないというのなら、給湯器で何らかの問題が起きていると考えられます。このように候補を一つずつ検討してみて、原因を究明しましょう。

■給湯器の水漏れ

お風呂場ではお湯が欠かせません。このお湯を作っている装置が給湯器です。給湯器で何らかのトラブルが起きて、水漏れが発生している場合もあります。
給湯器では、排水管やホースの劣化による水漏れが考えられます。長年同じものを使い続けていると、どうしても劣化が進みます。結果的にホースそのものにひび割れが起きたり、内部のパッキンが劣化したりします。住宅によっては、屋外に設置している物件もあるでしょう。この場合、長年使い続けると風雨にさらされ、劣化も進みやすくなります。
給湯器は精密機械です。何らかのトラブルが起きた場合、素人では対応できないかもしれません。下手にいじると状況を悪化させる恐れもあります。心配であれば、業者を呼んでプロの目できちんと診断してもらいましょう。

■床下が常に濡れている
きれいに拭き取っても、風呂場の床が常に濡れている場合、これは経年劣化している可能性があります。
タイル目や壁面はコーキングやシリコン剤を使って水が浸透しないように作られています。しかしメンテナンスをせずに時間が経過すると、どうしても劣化して防水の働きが弱体化します。劣化したところから排水管より水漏れが起こります。逆に浴室から劣化したところに水がしみこんで、水漏れを引き起こすこともあります。
注意しなければならないのは、目に見えない床下を走っている排水管で水漏れの発生している場合です。この場合、工事をして破損している部分を交換しなければなりません。そのままにしておくと多湿の状況が続き、シロアリの発生を誘発しかねません。速やかに業者を呼んで、修理をお願いしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ