早めに対処するべき排水管からの水漏れ

■使った水を適切に処理するために

生活している中で排水される水は、排水管を使って下水本管へと処理しなければいけません。生活排水となりますが、適切に処理すると決められています。仮に使った水がそのままになれば、生活空間に衛生的なダメージを与えます。大事な排水管ですが、メンテナンスもしないで永久に利用できるものではありません。時間とともに老朽化してしまい、破損したりするため、水漏れの可能性が出てきます。
排水管のトラブルとして、つまって排水が流れなくなる可能性もあります。この状況では、流れないだけではなく逆流してきて水漏れするケースさえ考えなければいけません。配管にダメージを与えてしまう場合もあり、隙間ができれば水が漏れだして周りに流れます。

■少しずつ漏れる排水管の水漏れ

排水管からの水漏れは、大量に漏れる水道とは違います。使っている間だけ流れていく場所であり、圧力をかけて絶え間なく送り続けているわけではありません。自然に落下させて送り出すのが排水管であり、水を使ったタイミングだけゆっくりと漏れてきます。これが発見しにくい理由です。仮に大量に漏れてくれば、隠れていても見つけ出しやすくなるでしょう。
配管のトラブルが起きやすい場所は、水平方向へ設置されている配管が主になります。水の流れも遅く、つまりやすくなる異物の流れも緩やかで堆積しやすい場所です。流れ落ちるための勾配はつけられていますが、わずかな傾きのため大量に漏れにくく発見が遅れます。目につかない場所にあるからこそ、ほんのわずかな変化でも見逃さずに修理をしなければいけません。

■シンクの下は目視できる場所
キッチンのシンクにも排水管が取り付けられていますが、つなぎ目などから漏れてくる場合があります。収納庫にしてある設計が大半で、配管自体も陰に隠れてしまうため見つけにくい場所のひとつです。それでも、家庭の中で排水管を目視できる数少ない場所になります。こうした場所だけでも、普段から点検できるようにするだけで、被害は抑えられるのは確かです。日常的に異物などを流さないようにするとともに、見える場所は目視点検するだけで、被害は小さくできるでしょう。変化を見つけたときには、専門業者に依頼し点検や修理をすることを検討するべきです。排水管の水漏れは、素人が手が出しにくい条件下にある場合が大半で、知識や道具も必要になります。衛生的な問題としても素早く回復させなければいけないため、専門業者の力を借りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ