発見が遅れやすい風呂場の排水管の水漏れ

■大きな被害になりやすい風呂場

風呂という特性上、排水管は一度に大量の水が流れだします。浴槽で使う水の量を考えれば、集合住宅などで水漏れしたときの被害がいかほどのものか想像ができます。問題は排水管自体が目につかない位置にある点です。
風呂の排水管は、床下に配置されます。洗い場の下だけではなく、浴槽の排水口にもつなげて排水できるような仕組みです。2つ以上の排水口を持つ設備で、床下にわずかな水勾配をつけた水平に近い排水管が設置され、管自体も長いのが特徴です。床下へ流れだす可能性が高くなります。基礎にはコンクリートなどが使われていますが、排水管を配するためのスリーブ管などもあるため、漏れていく隙間があるのが問題です。トラブルが起こった時の被害の大きさを想定して、日頃から対策を考えておくことが大切です。

■発見が遅れるのが問題

風呂から水漏れした場合、戸建ての被害としては床下に流れていくため、集合住宅のような被害は出しません。しかし、床下という環境は、頻繁にのぞく場所ではないため危険です。なにかトラブルが起きていても、発見は遅れてしまいます。排水口の栓に隙間があり流れだすようなトラブルに比べ、排水管の水漏れはどれぐらい漏れているのか、直接視認できないためわかりません。
そのため、対応が後手に回った結果二次被害を引き起こすこと少なくありません。漏れた場所が侵食されて害虫が発生したり、さらに広範囲に水漏れして床下の範囲を超えたりしたケースもあります。排水管から水漏れすると生活環境の中にもいろいろな変化が生まれます。カビが大量に出るようになったり、臭いが上がって気がつくのが一般的です。

■つまったときにも要注意
風呂の水漏れは、できるだけ早く修理しなければいけません。排水管の異常を示す状態のひとつとして表れるのが、水のつまりです。異物がつまっていると、これだけで排水管にもダメージを与えてしまうため、早めに除去しなければいけません。定期的なメンテナンスをしていくのが、有効な対処方法です。クリーナーを使って定期的に掃除をするのもひとつの方法ですし、異物が落ちないように注意していく方法もあります。
風呂の排水管の水漏れを直すには、プロでなければ手が出せないと考えておきましょう。条件によっては床をはがすなどの必要も出てきます。確認作業だけでも手間がかかるため、少しでも異変を感じたときには信頼できる水道修理業者に相談してみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ