排水管や排水ホースからの水漏れの対処法

■水漏れはまず原因を探ること

水漏れを発見したら、どこから漏れているのかを探さなければいけません。ただほとんどの場合、排水ホースの破れや、排水管のひび、接続部のパッキンの劣化などが原因となります。つまり、見つける際はそのような箇所を重点的に探すことで早く見つけることができるのです。
また給水管にも原因があることがあります。給水管からの水漏れは、水道メーターを見ることで分かります。敷地内の全ての水を止めていても漏れていればメーターはわずかですが動いていくのです。目視で分からない場合はそういった方法で確かめます。
原因が分かれば、それに対しての対策ができます。排水ホースの破れや排水管のひびであれば、応急処置としてガムテープなどを貼れば止水できます。水漏れはまずできる範囲内でその原因を探ることが重要と言えます。

■自分でできる範囲の修理

床が湿っていたり、蛇口から水が染み出ていたりすると、その時は症状がまだ小さくても後々に大きなトラブルを引き起こす恐れがあります。まずは水漏れ箇所を探し出し、それにあった対処をします。
水漏れ箇所が分かったら、次に止水栓を締め、給水を止めます。これで、水漏れの被害を最小限に抑えることができます。その上で、水漏れ箇所がどのような状態なのかを調べていくのです。
排水管や排水ホースの場合は、接続部のナットは緩んでいたりパッキンが劣化しているといった原因が考えられます。この場合、ナット緩みであれば締めなおせばいいですし、パッキンの劣化であれば交換することで漏れは収まります。

■深刻なトラブルはすぐに修理業者へ
水漏れは、例えば排水ホースが破れている場合はそれを交換すればいいだけで、簡単なものは自分で修理することができます。しかし排水管が破損しいてそこから漏れているような場合は、自分自身での対応は難しくなります。
このような症状の場合は、水道の修理業者に依頼するといいでしょう。ほとんどの修理業者は24時間対応ですので、真夜中のトラブルでも対応してくれます。まずは電話をしてトラブルの症状を伝えましょう。その上で適切な初期対応を施し、修理業者を待ちます。
現場では必ず無料の見積もりを取ってください。そしてその見積もりに納得すれば修理をお願いしましょう。ただ、見積額や修理業者のスタッフの対応に違和感があればきっぱりと断ります。水道のトラブルは放っておくと大変なことになります。早めの対処が大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ