排水管の水漏れ調査費用を抑えるコツは?

■自分で場所を特定する

排水管から水漏れが起きれば、水が漏れた周囲が濡れていたりいつもとは違った違和感を感じることもあるでしょう。自分で排水管のどこから水漏れが発生しているかが分かれば、原因箇所を調査する費用を浮かせることができます。
場所によっては見つけづらい部分が原因になっていることもあります。目に見える範囲であれば目視をすることで水が漏れ出ている箇所を特定できたり異音が発生するなどの変化がみられます。その変化を自分で見つけることができれば業者に頼らずに調査をすることができます。自分で原因箇所を特定できれば、業者が到着するまでの応急処置を施すことができるケースもあります。まずは水漏れが疑わしい箇所を自分でチェックしてみると良いでしょう。

■保険の加入を確認しよう

もしもマンションのような集合住宅に住んでいる場合は、排水管からの水漏れの調査費用を保険で賄うことが出来る可能性があるので保険加入の有無を確認してみると良いでしょう。
マンションに入居する際に加入を促される火災保険の中には、水漏れ原因調査保険という保険が付帯されていることが多いです。雨漏りをはじめ排水管からの水漏れが発生した際にも、調査にかかる費用がこの保険に加入していることによって補償されます。入っていると安心の保険です。
トラブルの原因が自分にある場合でも、この保険に入っていれば自分でお金を出す負担が軽減されます。まずは保険のチェックを忘れずに行って、もしも加入しているのであれば、保険を使って費用を賄うと良いです。

■業者に調査してもらうメリットは?
排水管から水漏れが発生した際に自分で調査できるのであれば、業者に依頼する必要はないように思えてしまうかもしれません。しかし、自分でするのではなく業者に調査を依頼するのにはいくつかのメリットがあるため、そのメリットを含めた上で原因箇所を業者に探してもらうかどうかを判断しましょう。
業者に特定してもらうことで、正確に原因の範囲を特定できたり自分ではなかなか特定できない箇所の水漏れも見つけ出すことができます。さらに、排水管からの水漏れによって発生する二次被害の可能性なども踏まえた上で状態の確認がされるので、適切な修理がなされます。
自分で原因が分かるのであればそれも1つの手段ですが、二次被害や他の場所にも原因があるかどうかを確認してもらえるのは業者に調査をお願いするからこそ得られる安心感です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ