排水管の水漏れ調査

■水漏れ調査の方法

水漏れの調査は専門の業者に頼まなければ難しい面が多々ありますが、状態を確認するだけなら誰でも可能です。まずは基本を押さえておく必要があり、水道メーターが設置されているところはどこか把握しておきましょう。どこの家にも間違いなく設置されているので、入居するときに確認しておくのがおすすめです。通常は玄関や庭の地面に埋められています。
設置されている箇所が分かったら、家の中の蛇口をきちんと締めます。それからパイロットがどのようになっているか見てみましょう。このときにパイロットが止まっていれば、水漏れしている可能性はまずありませんが、動いている場合には水漏れしている可能性が高いと考えられます。もしパイロットが動いていたら、今度は水漏れ箇所がどこかを確かめる必要があります。

■水漏れ箇所を調べる

どこかから水漏れしているということが判明しても、水漏れしている場所の調査は少々手間がかかります。家の中にはいろいろなところに水道が存在しているので、インターネットなどで調べて、トラブルが多いポイントを確認しながら作業を行うのが良いでしょう。普段から時々チェックをしておくと、異常が発見しやすく、怪しいと感じた場所の特定が比較的簡単にできるようになります。場所の予測がついたら周辺を調査してみましょう。水漏れを発見したら即座に止水栓を止めます。
水が漏れている場所を特定し修理するのは知識がないと難しい部分もあり、早急な対応が求められるので、気づいたら業者に依頼することをおすすめします。

■パッキンの劣化が多い
調査を行う場合、どういう場所が水漏れしやすい箇所なのかを把握しておくことは大切です。大量に水が漏れて出てくるようなトラブルであれば、排水管の破裂や錆などによって穴が開いている可能性も十分あります。逆にジワジワと湧き出してくるような感じであれば、パッキンが劣化していると推測することができます。
しかし、排水管の詰まりや劣化による破損などの場合には、素人では修理を行うのは不可能です。水道工事会社に連絡をして来てもらわなければなりません。まずは適正な料金で技術力も確かな業者はどこか調べて、対応エリアに該当するかを確認しましょう。適切な業者が見つかれば、業者へホームページの専用フォームや電話などからコンタクトをとり、状況を伝えて見積もりをとるようにします。見積もりの内容に納得がいけば、修理を依頼すると、早急に状態を改善してもらうことが可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ