排水管の水漏れ、洗浄しても改善されない場合

■排水管の水漏れ原因

ひと口に排水管といっても場所はさまざまです。風呂場やキッチン、洗濯機、トイレなど排水設備が設置されている場所で、水を使うスペースには必ず排水管があります。
普段流れるはずのない箇所から水が漏れている場合、当然どこかでトラブルが起こっています。他にも、異臭や悪臭も水漏れが引き起こしている可能性が高いので、異変を感じたらすぐに排水管をチェックすることが大切です。
では一体何が原因でこのようなことが起こるのかというと、主に排水パイプの詰まりや接続部の緩み、経年劣化などが挙げられます。排水パイプが詰まれば排水がスムーズにできなくなりますし、内部に汚れが蓄積し接続部から水が漏れてきてしまいます。接続部の緩みは、ひどい場合水浸しになる可能性があります。そして、10から15年を過ぎれば劣化によって水漏れを起こしてしまう可能性があることも知っておきましょう。

■自分で修理したい場合の手順

排水管の水漏れを起こしてしまったら、真っ先に水道業者に依頼すると思いますが、事前に自分で応急処置をすることもできます。まず最初に行うのは、緩みの確認です。排水管の水漏れを解決するのが意外に簡単で、部品の緩みをなくすだけでずいぶんと状況は良くなります。接続部が緩んでいることで水漏れを起こしやすくなっていますから、締めてあげればあっという間に漏れは改善されます。ただ、ここで注意したいのは、強く締めすぎないことです。強く締めすぎてしまうと破損してしまう可能性がありますから、あくまで軽く締める程度にしておきましょう。
緩みをなくす以外にも、排水管の洗浄やパーツの交換なども自分でできる修理方法になります。洗浄は必ずぬるま湯で行います。症状が軽い場合は内部をキレイにすることでつまりが改善するケースもあります。パーツの交換は多少技術が要りますが、できる場合は自分でも行えます。

■自分で修理する場合の注意点とリスク
排水管の水漏れを自分で修理するときの注意点は故障のトラブルです。せっかく応急処置をしても、故障してしまっては意味がありません。自分で修理を行う場合、ある程度の知識や技術も必要になりますから、どうしてもできない場合は必ず水道業者に依頼するようにしてください。
応急処置をする前に、自分でできる範疇のトラブルであるか確認することも大切です。栓を締める、洗浄するといった修理方法であれば自分でもできますが、大きなパーツ交換の場合は自分では解決できません。逆に洗浄でも、負担になるようなトラブルであれば自己解決は難しくなりますし、栓も強く締めすぎてしまえば破損に繋がります。もちろん、排水管の水漏れ原因が分からない場合も自分では行わないのが賢明でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ