排水管の水漏れの確認方法と応急処置

■排水管の水漏れをチェックする方法

大量に水が漏れているなら目で見て分かりますが、排水管に小さなヒビが入り、滲むように漏れている場合は外から見ても分かりません。小さな水漏れを見つけるには水の量を計測する量水器で確認します。家中の水道の元栓を締めて量水器を約10分ほど観察します。水を使わなければ量水器が動くことはないですが、水漏れが起きていれば量水器が反応します。水が漏れているようなら次は場所を確認します。
家の水回りでキッチンやトイレなど排水管のある場所を順番にチェックします。穴が開いていればすぐに見つけられますが、弁のような形で破損している場合は見つけにくいです。排水管を上から順番によく観察することです。水漏れは音で分かる場合もあります。水道で水を流し、蛇口を締めた後に気体が抜けるような音がするときは要注意です。

■応急処置で水漏れを止める方法

排水管はキッチンやトイレ、浴室など水を使用したときだけ水が流れます。排水管で水が漏れている場合、水を使用したときだけ確認できるので、水さえ使用しなければ被害の拡大は防ぐことができます。そして専用テープで応急処置をすることが可能です。専用テープにはシリコンゴムを使った水道用ラップテープや防水補修タイプ、シートタイプなどがあります。
使い方は排水管の水漏れ箇所の汚れを綺麗にし、必要な長さにカットしてテープを少しずつ引っ張り、排水管に巻き付けます。最後は強く圧着し、補強が必要なら保護テープを上から貼ります。しっかり密着させるのがコツです。専用テープの価格は質や使い勝手の良さなどにより価格が変わります。近年は専用テープの質が高くなり、水が滲み出る程度の水漏れなら十分に対応できます。

■判断できないとき、応急処置後は業者に頼む
目に見える場所にある排水管なら確認できますが、家の水回り全体の調査を行うのは大変難しいです。特に壁の内側に埋設されている場合は素人が確認することはできません。知識として調べる方法は知っておいても、細かいチェックについては水道修理業者に点検してもらった方が確実です。また、専用テープの応急処置で水漏れが一時的に止まったとしても、根本的な解決はできません。
そのままの状態で水を使い続ければ、何かの拍子にテープが外れたり緩んだりすることで水漏れが再発してしまいます。とりあえず応急処置をしたら、なるべく早めに水道修理業者に連絡します。業者が来るまでは水漏れが起きる箇所の設備を使用せず、業者が到着するのを待ちましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ