排水管の水漏れ工事

排水管は、生活排水をスムーズに下水に流すためには重要な部品です。しかし、水を使う場所なので、いくつかの原因によって水漏れが起こる場合もあります。水が漏れれば下水には流れず他の場所に生活排水は到達します。場合によって床下などに水が到達するので、家の木材を劣化させる原因となってしまいます。

■排水管から漏れる原因

水漏れの原因としては、汚れが詰まる、接続部分が緩む、排水管が腐敗して破損することなどが考えられます。トイレットペーパーや食べ物が詰まれば、これらを取り除けば解消します。
接続部分が緩むならつなぎ直す、腐食し破損しているのなら排水管の交換が必要です。漏れが酷いならば、部屋が浸水する可能性もあります。一時的に応急処置することは可能ですが、根本を修理しないとまた水漏れが発生します。

■排水管の修理

修理をするならば、まずはどこから水漏れがあるのか原因を特定します。詰まりがあるなら、トレーラーや高圧洗浄機を使って異物を取り除きます。つなぎ目が原因なら、ズレを直す、ひび割れをふさぐなどします。ただし排水管の劣化が酷いとなると、そのものを取り替えないといけないでしょう。
キッチンなどの排水管は交換しやすいですが、トイレやお風呂場の排水管の交換となると、掘り出さないとならないケースもあるので水道 工事が大がかりになります。

■まとめ
排水管からの水漏れは、なかなか気づかない場合も多いです。異臭がする、水の流れが悪いなどの症状で初めて気づく場合もあります。修理するとなると大がかりな工事を要する場合もあるので、そうなれば業者への依頼が必要になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ