排水管の水漏れが起こる原因と対策の方法を紹介

■排水管の水漏れ原因の三つの可能性

排水管の水漏れ原因は、破損、下水管内の詰まり、取り付け不備の三つの原因が考えられます。排水管が破損するのは、経年劣化が原因になるケースが多く、接続部分のナットやパッキンの劣化で起こるケースも少なくありません。
下水管内の詰まりは、汚れが蓄積することで起こります。水圧が弱い場合は汚れが流れず、汚れは溜まる一方です。水の流れが悪くなり、逆流することや排水管が破裂することもあります。
取り付け不備は業者が原因のケースもありますが、自分で掃除をする場合はナットの締め方が緩いことで、U字管に蓄積した水の重みで排水管が抜けることや、外れてしまうこともあります。水漏れに気付いた場合は、以上の3点をチェックしましょう。

■排水管の水漏れ応急処置の方法

水漏れに気付いたときは、応急処置をして水漏れを止めることが大事です。応急処置の方法としては、排水管の床側の排水プレートを外したところにある給水管をチェックし、水が漏れている状態なら止水栓を止めます。
ホースが抜けてしまっている場合は、ホースを元の状態に戻すことで一時的に水漏れ対策ができます。水漏れが止まっても、ホースが外れたのは部品の経年劣化や排水管内の汚れが原因になっている可能性が高いので、業者に依頼して見てもらいます。
接続部分から水が漏れている場合は、配管補修用のテープを使用して応急処置ができます。専用のテープはホームセンターで販売されています。テープも一時的に水の漏れを止められますが、根本的に解決したわけではないので原因が分かるまでの措置と捉えましょう。

■排水管の修理方法
排水管から水が漏れている場合、修理方法には自分で直す方法と業者に依頼する方法があります。接続部分のナットが緩くなっているのをきつく締めるなど、すぐに自分で修理できるケースもあります。
一方、部品が劣化している場合やホース内の汚れが原因になっている場合は、部品交換や大がかりな修理が必要です。自分で直すこともできますが、業者に依頼して細かく点検してもらった上で修理してもらう方が安心です。
業者に依頼する場合は部品代とは別に工賃も必要ですが、各業者によって金額設定は異なります。安く修理してもらうためには、複数の業者で見積もりしてもらい、適正価格の業者を選ぶのがおすすめです。業者を選ぶときは、アフターサービスの有無や実績の有無などもチェックして選びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ