排水管の水漏れが起きた時の応急処置や自分で直す方法は?

■キッチンの排水管で水漏れが起きたら

排水管の水漏れが起こりやすい場所として挙げられるのがキッチンです。キッチンのシンク下には排水を流す為のパイプが通っており、ここの接続部が緩んでいたり、パイプの内部に食べ物の油などが付着することで水の通りが悪くなり、トラブルを起こすことがあります。多くの場合、シンク下は収納スペースになっているため、まずは収納している物を全て除いておきましょう。シンク下のスペースを空にしたら、排水管だけでなく給水給湯の管も通っているため、どの管や栓がどんな役割をしているのか確認しておくとよいでしょう。この状態で水を流し、どこから水漏れが起きているのか調べます。接続部の部分から漏れている場合、水道の金具が緩んでいたり、ゴムの一部が劣化して水漏れにつながっていることがあります。劣化した個所を特定し、部品を交換することで正常に使える場合もあるので、まずはこのような方法を試してみましょう。

■トイレの排水管で水漏れが起きたら

使用頻度の高いトイレも水漏れが起こるリスクが高い箇所です。トイレでは給水管や排水管や床のほか、温水洗浄便座、トイレタンクといった場所から水が漏れる可能性があります。自分で直す場合は、まず水が流れないように止水栓を止めましょう。止水栓はトイレの壁面とトイレタンクの間に伸びている管にあります。栓をしっかりと器具を使って時計回りに締めることで簡単に漏水を防ぐことができます。給水管からの水漏れはゴムや接合部分の破損が多いため、劣化したパーツを取り替えるだけで解決することもあります。トイレの水漏れで特に厄介なのは床からの水漏れです。便器の金具や配管の接合部分が経年劣化や地震や衝撃などでゆがんだことや、便器と排水管部分の結合の破損、ゆがみが原因で起こるケースが考えられます。パテの劣化の場合、自分で知識があれば補修や修理する方法がありますが便器の着脱が難しいため、できそうになければ業者に依頼しましょう。

■水のトラブルを自分で解決できない場合は業者に
毎日使う水道だからこそ、不具合が出てしまうと途端に慌ててしまいます。特に排水管の水漏れは衛生面でも悪影響を及ぼします。まずはどこの部分から漏れているのか、特定できない場合や、自力では直す方法がわからない場合や修理が困難な際にはすぐに専門の業者を呼ぶことも大切です。いざという時に慌てないためにも信頼できる業者を探しておくとよいでしょう。24時間365日対応してくれる専門業者に依頼し、早期解決を図るようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ